脳梗塞の前兆〜腸閉塞を予防するためのとっておきの方法〜

どのように防ぐか

脳

腸閉塞や更年期障害のように体のトラブルといえる病気は多数あります。特にストレスが多い現代社会では、腸閉塞のようにストレスの蓄積で体に変化がある病気を発症する人も少なくありません。それを防ぐためには、ストレスを解消することが大切ですが、社会そのものにストレスがあるため予防するのは難しいといえます。予防することが難しい病気の中でも特に脳に起こる病気は危険性が高いといわれています。そのため、脳動静脈奇形のように予防することができない脳の病気はできるだけ早めの治療が大切です。また、脳に異常が無いか調べることも治療にとって大切になってきます。脳に異常が無いか調べる方法として脳ドックがあります。この、脳ドックに行くことで、脳動脈瘤の有無や脳動静脈奇形の異常気づくことができるのです。

現代人に特に多いといわれる脳の病気も存在します。それが脳梗塞です。脳梗塞は、脳に張り巡らされた血管が細くなり血栓によって血液の流れに変化があることでおこる病気です。脳梗塞が発症する際には、あらゆる前兆が起こるといわれていますが、人によっては発症しないこともあります。ただ、前兆が起こったらすぐに対策できるようにどのような前兆が表れやすいのか把握しておきましょう。脳梗塞が起こると、脳の神経に異常をきたすため、手足にしびれがおこり視覚障害が発生します。また、言葉がでてこず文字が書けないといった前兆もあります。脳梗塞は早めに治療することで危険性を下げることも可能です。

排便ができない病気

病棟

腸閉塞は腸に便が詰まってしまう病気で、便秘が悪化したような状態になります。腹痛や吐き気を伴う症状から、ひどい場合は人工肛門にもなりかねません。腸閉塞にならないためには、便秘を改善していくようにし、健康的な腸環境を意識していくことです。

更年期の体の不調

man

更年期障害は閉経前後のホルモンの低下によって心や体に症状が現れる病気です。生活習慣や生活環境を改善することで予防することができますが、医師に診てもらい治療を受けることをお奨めします。

恐ろしい脳の病気

医者

脳動静脈奇形はくも膜下出血や脳内出血を引き起こし、場合によっては死に至る恐ろしい病気です。予防法も存在しない為、定期的に健康診断や人間ドックを受診して脳の血管を調べると良いでしょう。